便利な印鑑ケース

印鑑ケースイメージ

印鑑は判子一本あれば良いものではありません。印鑑は、印鑑ケースと対であって初めて実用的になるのです。
そもそも、皆さんは印鑑を購入するときに、印鑑ケースについて詳しく調べてみたことはありますか?
印鑑ケースは、さまざまな用途、さまざまなデザインで、かなり多くの数があります。
通販サイトで検索すると約3万8千件、画像検索で検索すると約88万8千九件もの数がヒットします。
普通のシャチハタケースから本革の印鑑袋、コンパクトっぽいデザインのケースや木箱で作られたケース、がま口式のケースや和柄,洋柄の可愛いデザインのケース、ビール缶をモチーフにした印鑑ケースからスイーツのアクセサリーで隅々までデコレーションされたデコケースなんていうのもありました。

さらに、印鑑ケースにはハンドメイドで名前や模様を刺繍してくれる専門店もあるのです。
女性のための印鑑ケースも充実していて、通販サイトで検索するとブランド物の印鑑ケースというものがありました。
一口に印鑑ケースと言っても、その中には驚くほど種類があるのです。
さらに、印鑑ケースと同じくらい重要なアイテムが朱肉。
朱肉にも印鑑ケースと同じようにさまざまな種類が存在します。
朱肉の質感や、朱肉液の色合い、乾き易さや大きさ、持ち運びやすさで選べる朱肉までありました。

もちろん、朱肉だけでなく、朱肉ケースにもさまざまな種類があって、ケースを漆調にデザインした高級感のあるケースや、スタンプ台付きの便利なケース。
さらには黒と朱の2色が使えるデュエットタイプというのもありました。
印鑑を買うときは、印鑑本体だけでなく、ケースや朱肉も一緒に選んでください。

ページの先頭へ